scroll

ABC HOUSING
【公式】ハウジングサポート株式会社 採用サイト RECRUIT SITE

INTERVIEW

取材日:2019年8月

INTERVIEW 01
プロフィール

植坂 沙織

モデルホーム玄関前案内スタッフ

2013年入社

植坂 沙織

笑顔で明るく。見学しやすい環境をつくる工夫を凝らしています。

PROFILE

住宅展示場の楽しげな雰囲気に惹かれ、アパレルの販売員から転身。自らもインテリアを好み、趣味のドラマ鑑賞中には家具やセットに目が移ることもしばしばだそう。モデルホームのスタッフを務める現在は、土日祝のみの週に2回のペースで無理なく働いている。

SAORIUESAKA
  • INTERVIEW
  • 担当業務の内容を教えてください。

    住宅会社の派遣スタッフとして働いています。勤務先は、住宅展示場のモデルホーム。玄関先を通りかかったお客様に声をおかけし、ご来館をうながすのが主な役割です。館内までご案内したら、派遣先の営業の方に引き継ぎます。こちらが呼びかけて初めて興味を示されるお客様が多いので、積極性が肝心。ご家族連れの場合は、親御さんが見学しやすいよう、小さなお子さんの相手をすることもあります。

  • 前職での経験が現在の業務に活きている部分はありますか?

    基本的には立ち仕事ですが、それは前職のアパレル販売員も同じ。特に抵抗はありませんでした。ときには、遠くにいらっしゃるお客様に大きな声で呼びかけることもあるだけに、セール期間の慌ただしさを経験したことも活きているかもしれません。一方で、屋外で仕事をすることに関しては苦労もありました。季節や天候の影響を受ける職場なので、熱中症対策など体調管理にはじゅうぶん注意しています。

  • 仕事にあたって心がけていることはなんですか?

    お客様にお声がけする際、単にあいさつや呼び込みの言葉に終始するのではなく、「ご見学いただいたことはありますか?」といった問いかけを行うことを心がけています。質問形式であれば、お客様も足を止めて答えてくださるので、そこから会話を弾ませれば見学へとつなげることができます。これは、少しでも多くのお客様に来館していただこうと、場数を踏むなかで見つけた私なりのやり方です。

  • 仕事のやりがいはなんですか?

    玄関先の会話で得た情報を、お客様が受付をされている間に、営業の方にこっそり共有しておけば、モデルホーム内でのお話もスムーズに進むはず。ただ館内へとお招きして終わりにはせず、その先のことを考えれば工夫のしがいが膨らむ仕事だと思います。営業の方から「いつもたくさんのお客様を迎えてくれてありがとう」と、ねぎらいの言葉をもらえたときには、とても大きなやりがいを感じます。

  • 今後の目標を教えてください。

    お客様は、マイホームを検討されていることもあり、明るく前向きな気持ちでご来場されています。だからまずは笑顔でお迎えすることが大前提。なかには、モデルホームに立ち寄りにくいと感じるお客様もいらっしゃるので、入口から見学しやすい雰囲気をつくるのも、私たちの大事な役目だと思います。今後は住宅に関する知識を深め、専門的な質問にもその場でうまく答えられるようになりたいです。

MESSAGE

MESSAGE

ライフスタイルに合った働き方ができるのが魅力です。

シフトの融通が利くのは、この仕事の大きなメリット。出勤したい日を提出すれば、原則その通りに働けます。休憩なしの6時間勤務を選べるのも、ギュッと集中して働きたい私にぴったり。個人のスタイルを認めてくれる柔軟さが、仕事を続けてこられた理由のひとつかもしれません。

ONE DAY
SCHEDULE

植坂 沙織さんのある一日

  • 11:00

    出勤。お子さん用に設置されたガチャガチャの景品補充など、お客様を迎える準備をします。

  • 12:00

    お客様の応対をする合間には、小休憩もあるので安心。水分補給は欠かしません。

  • 13:00

    夏は植え込みに水をやったり、冬は枯葉を掃除したりと、玄関まわりをきれいにするのも大切な仕事です。

  • 15:30

    ご来館が意外と増えるのが、夕方にかけてのこの時間帯。営業の方との連携を図ります。

  • 17:00

    会社に退勤連絡メールを送り、帰宅します。お疲れさまでした。

    ※勤務地によっては、スケジュールや内容が異なる場合があります。

PAGE TOP